体臭がきつくなる食べ物ってあるの!?

危険な食べ物とは

体臭は飲食するものにも影響を受けるといわれています。
確かにニンニクやニラ、ネギといったものを食べた次の日には、誰もが注意をすると思います。
しかし、他にも体臭がきつくなる食べ物があることを知っていますか。また、反対に消臭やマスキングの効果のある食べ物も知っていますか。今回は体臭にまつわる食べ物の選び方についてみていきましょう。

体臭がきつくなる食べ物には、ニンニクのような刺激物のほかに、肉やチーズといった動物性脂肪があります。
獣のようなにおいということですね。
では肉やチーズは、なぜニオイの原因になるのでしょうか。
肉やチーズのような動物性食品は食べ過ぎることで腸内における悪玉菌が増え、腸内環境が悪化しやすくなります。
その結果、老廃物がうまく排泄できなくなり、ニオイの原因になると考えられています。
また、動物性脂肪を多く含む食品を摂り過ぎることで脂質が酸化し、皮膚から皮脂が多量に分泌されて酸化した脂のニオイが増加するのではないかと考えられています。
また、食べ過ぎることで腸内環境を悪化させやすい、食べだすと止まらなくなる揚げ物や、おいしいこってりなラーメンもニオイの原因になることがあると考えられます。

動物性脂肪の多い食品

肉(牛、豚、鶏)、肉の加工品(ベーコン)、乳製品(バター、チーズ)

要注意のメニュー

唐揚げ、とんかつ、こってりラーメン、ステーキ

体臭予防ができる食べ物とは

体臭予防ができる食べ物として、クエン酸を含む食べ物と食物繊維があります。

クエン酸

口臭の原因には、唾液の分泌不足もあります。
クエン酸を含む食品を摂ることで唾液の分泌量は増えるため、細菌の増殖を防ぐことができ、ニオイ予防になると考えられます。
梅干しとかがそうですね。
想像するだけでも唾液が出てきます。

クエン酸の多い食品

レモン、梅、お酢、グレープフルーツ

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整える働きがあります。
また、老廃物の排泄がスムーズになり、体臭予防になると考えられます。

食物繊維の多い食品

ゴボウ、さつまいも、玄米、海藻類
組み合わせ次第で、においをさらに軽減できる可能性もありますね!

食品を組み合わせるとどうなるの?

では、体臭がきつくなる食べ物と体臭予防になる食べ物とを組み合わせるとどうなるのでしょうか?
臭くならないとは言えませんが、ニオイを軽減できる可能性はあります。
例えば、ステーキと多量の野菜を一緒にとり、それにレモン汁をかけてさっぱり食べることで、ステーキだけ食べるよりも、腸内環境の悪化が防げます。
さらに、唾液の分泌を促してニオイの原因を軽減できます。

組み合わせ

  • ステーキ+野菜+レモン汁
  • 唐揚げ+千切りキャベツ+ポン酢
  • 野菜盛りラーメン+モズクスープ

植物性食品でにおいが軽減

食べ物を変えると本当に臭くなくなるのでしょうか?
におい軽減のメカニズムを知ると本当に、においが軽減されるのか気になるところですね。
でも、自分も昔、毎日肉を食べていました。
野菜も少なくて、揚げ物や肉類をモリモリ食べて肥えていました。
ところが野菜や食物繊維を含むものを増やし、動物性食品から植物性食品に変えたことで『便のにおいが軽減した』という経験があります。ステーキ好きには肉だけ食べるのが、たまらなくいい気持になるのですが、肉だけを食べるのではなく野菜も一緒に摂るように意識すると体臭も改善するかもしれません。
においが気になる場合、日頃からの食べ物選びを工夫するだけで、良い結果が生まれることでしょう!

実は他にも効果的な食べ物があります。

消臭食材の王様の「梅干し」です。
口臭や汗のにおいを抑えてくれる梅干しは、毎日1個は摂取したいものです。
塩分を気にする人でも、梅干しの1g当たりの塩分は言うほど多くないので、1日に1個ならあまり気にしなくて大丈夫です。
すっぱくて苦手という人は、「梅醤番茶」として、緑茶とコラボして飲んでみてください。
湯飲み茶碗に梅干しを一つ、箸でもみつぶしたところに醤油をひと垂らし、そこへ熱く煮えた番茶を注いでください。
朝一番の空腹の時に飲んでいただくと、唾液が出るだけでなく、眠っていた胃腸を温めて活気を与えてくれます。
夏バテやエアコンで冷えた体にも効果があります。
また、皮膚の脂質の酸化を抑えて加齢臭を予防する抗酸化物質の「カテキン」やビタミンCは、番茶にも煎茶と同じくらい多く含まれています。
カテキンは熱いお湯で溶け出しますので、85度以上のお湯を注ぐのがコツです。
飲んだ後の出がらしのお茶ガラは、捨てないでガムのように噛むとさらにカテキンが抽出され、口臭の予防にもなります。
緑茶の食物繊維がお通じを良くし、腸内での食べ物の腐敗を防いで便臭の予防にもなります。
これが一番いい組み合わせのような気もします。
でも、そんなのめんどくさい…
そんな声にもお応えできます!
お土産で梅昆布茶というものもありますが、それもいいと思います。
海藻類である昆布は食物繊維もたっぷりです。
もちろん、クエン酸パワーの梅干しも入っています。
お湯で溶かして飲むので、おなかが冷えるなんてこともありません。
体の芯から、あったまってクエン酸により体臭を軽減し、食物繊維で便通も快調になり、便臭も抑えられます。
いいことだらけだと思います。
ぜひとも、梅昆布茶をおススメします。

シジミの成分が毒素を無臭化するの?

毎日の一杯が人生の楽しみという方もいることでしょう。
毎日の一杯を楽しむ方は、一杯のお供に「シジミの味噌汁」をおススメします。
エタノールが代謝されて、できてくるアセトアルデヒドは非常に刺激臭が強く、汗や皮膚ガスとして24時間以上発散してしまいます。
アセトアルデヒドや疲労臭のアンモニアは肝臓で解毒され、無臭化されます。
ここでシジミの出番です。
シジミに特異的に多く含まれる「オルニチン」は肝臓の解毒・無臭化能力を高めてくれます。
味噌汁の具としてシジミを摂ることで二日酔いの予防だけでなく、アセトアルデヒド臭やアンモニア臭の予防にもなります。
さらに、味噌に含まれる大豆の「イソフラボン」には抗酸化作用があり、発酵した味噌は腸内環境も整えてくれますから、便臭も抑えられることでしょう。
腸のにおい物質を排泄してくれる「水溶性食物繊維」を含む海藻類は、味噌汁の具にもおススメです。
さらに海藻類を使って、クエン酸パワーとコラボさせましょう。
お酢と海藻でつくる組み合わせ「モズク酢」などのようにしてみるのはどうでしょう!?
腸内環境を整えて便臭を抑えます。
そして、体内を正常化して体臭を抑えます。
食べ物をコラボさせることで、ダブルの消臭効果を得られます!
海藻類の食物繊維は、腸内のにおい物質が発酵、腐敗するのを防ぎます。
お酢の「クエン酸」は、やはりエネルギー消費を盛んにします。
するとその結果、ミドル脂臭のもとになる乳酸も抑えることができます。
ここまですれば体臭は、だいぶ抑えられると思います。

最後に

食べるのをやめたり少なくするのは、ストレスになります。
場合によっては、それが蓄積されてしまうとストレス臭を発生させてしまう原因になるかもしれません。
しかし、食べる品を多くしていけばストレスも感じにくいのではないでしょうか?
おいしいこってりした食べ物も食べながら、消臭にも心がけて食事を摂っていきませんか?
体臭が抑えられるということは、健康にもつながると思います。
ぜひ、明日から気をつけて食事をしていきましょう!