香害って、対処法あるの?

香りでもトラブルがある!?

日本人は、においに対して敏感であることが知られています。
消臭剤から柔軟剤、香水といった『香り』が生活に浸透しています。
一方で問題になってきているのが、『香り』によるトラブルです。
イヤなにおいをケアしようしているのに、実際は強い『香り』が他人の迷惑になっていることもあるのです。
また、体臭を完全に消そうとしがちですが、実は『香り』のテクニシャンは体臭をうまく使っていたという、いい情報もありました。
今回は『香り』の害と魅力溢れるにおいについてです。

気になるのが身体のにおいですね。
最近では、体臭を感じさせないようにする消臭剤から、洗濯時の洗剤や柔軟剤までいろいろ揃っていて、におい対策のグッズも続々と登場しています。
でも、最近のにおい解消アイテムのやりすぎが問題になってきています。
においに対する不快の判断は人によって大きく異なります。
自分にとっていい香りでも、人にとっては強すぎるということも実際は多いです。
エレベーターや満員電車で香水が強く香る人が乗ってくると不快に感じてしまったり、頭痛がしたり、目が痛くなる、くしゃみや咳が出るという人もいて問題になっているのは間違いない事実です。
化学物質に敏感な人は、香水や消臭剤、柔軟剤の香りでも反応し、体調が悪くなることもあります。
こうした不調を感じてしまう人の中には、“化学物質過敏症”の人もいるのです。
柔軟剤や消臭剤の香りに反応して、さまざまな不調が出てしまう症状です。
自分のいい香りが他人にとってはいい迷惑、なんか罪悪感が出てきませんか?
自分では良かれと思ってやっているにおいケアが、自分や周囲の人の不快や不調を引き起こすことがあります。

鼻はにおいに慣れやすい部位です。
ここ数年、洗濯洗剤や柔軟剤は香りつきのもの、香りが強いものに人気が集まって、それと同時ににおいトラブルの報告も増加中です。
確かに、香りが強い柔軟剤や消臭剤は、気になるにおいのケアには便利です。
でも、鼻はにおいに慣れやすい部位でもあります。
最初は軽い香りの柔軟剤を使っていても、次第に慣れてしまい、次買うときにはもっといい香り、もう少し強い香りと、徐々に強いものを買ってしまう傾向があります。
周囲からするとちょっと強いなと思う香りでも、使っている本人の鼻はにおいに慣れて感じなくなってしまうのです。
自分で香りのレベルを判断するのは非常に難しいものです。
相談しにくいですが、できれば家族、友人や同僚に、『新しい柔軟剤に変えてみたけど、香り強くない?』とサラッと聞いてみるのもいいかもしれません。
第三者の鼻で診断してもらうと安心できますよね。
でも、やはり人によって感じ方には差があるので注意は必要です。
香りは魅力的にもなりますが、みんな同じ香りなのはつまらないのは事実です。
香りがある柔軟剤ブームで、よくあるのが同じアイテムを使った同じ香りです。
でも、これは自分の魅力を軽減することになるとも言われています。
体臭というと臭いもので、不快なものと思う人が多いですが、一概にそうとは断言できないそうです。
欧米では体臭を生かし、香水と合わせたその人『オリジナル』な香りを魅力のひとつする文化もあります。
日本は湿度が高いせいでにおいを不快に感じやすく、体臭がすべていいとは言い切れないです。
でも、パートナーのにおいは実は嫌いではない、という方もいるのは事実です。
顔が人それぞれ違うように、香りも人それぞれ違います。
それが個性であり、魅力であり、ある意味では個性を強調するツールでもあります。
みんな同じ柔軟剤の香りをしていたら、その効果は半減してしまいますよね?
強い香りで自分の体臭を完全に消してしまわず、心地いい程度の体臭を残すような使い方ができると上級者のようです。
ただし、においが混ざることで新たな嫌な香りを生んでしまう危険性にも注意してください。

『香害』という名の香りのトラブル

実は先程まで話していた、においトラブルには名前があります。
実際は香害と呼ばれえています。
香害ですが、ニュースでも取り上げられていたんです。
香害は、体調不良を引き起こしてしまう人工香料の強い香りのこといいます。
柔軟剤、消臭抗菌スプレー、制汗剤、芳香剤、合成洗剤の香りがあり、そこに体臭は含まれません。

日本に新しい公害が生まれています。
その名は『香害』です。
冗談ではなくて本当に問題が起こっているのは事実です。

上記のような警鐘を鳴らしたのは、無添加せっけんを扱うシャボン玉石けんです。
朝日新聞、毎日新聞で全面広告を掲載し、ネット上でも大きな反響を呼びました。
薔薇の花が描かれた柔軟剤ボトルから、ピンク色の霧が一面に広がっている広告のイメージビジュアルは、まさに工場から排出される有毒ガスを連想させるような感じでした。
この意見広告には賛同の声が上がっています。
現状では、こうしたことを訴えても適切に問題視してもらえないからです。

同社の調査によると、香りに含まれる化学物質によって頭痛・めまい・吐き気といった体調不良を経験したことがあると回答した人は60%程度いるそうで、単純に『気にしすぎ』という問題ではなさそうです。
同社による調査方法はウェブ調査で、対象がすべて20代から50代の女性でサンプル数が415人というので偏りはあるかもしれませんが、実際にネットの声を聞くと、男性でも柔軟剤の香りで頭が痛くなったと訴える人も多数いらっしゃいます。
化学物質過敏症者にとっては深刻な問題です。
人工香料が含まれる製品には、いくつもの揮発性の化学物質が使用されています。
ごく薄い濃度の化学物質でも頭痛や思考力の低下、喘息を引き起こしてしまう化学物質過敏症の方々にとっては、重大な問題だと思います。
苦しんでいる本人はパフォーマンスを十分に発揮できず、本当に『香害』に悩まされていると言っても過言ではないでしょう。
激しい症状に悩まされが、においに耐え切れず学校や職場にも行けないといった方もいるそうです。
ちなみに化学物質過敏症については、日本では大規模な調査はまだなく、推定患者は70万人とも100万人とも、あるいは150万人いるともいわれます。
あいまいですね、実はまだはっきりはわかっていないのです。
だからこそ、問題であるので、早期に調査をお願いし早急に対策を講じてほしいものですね。

においで迷惑をかけるなんてことも…

香害の一方で同様の問題として挙げられるのが、口臭・体臭・洗濯物の生乾き臭といった悪臭を原因とする迷惑行為。
こんな話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
においケアの商品や広告は多く、『香害』を放つ人の中には、そもそも自分のにおいを恐れて、体臭をかき消すようににおいの強い制汗剤や柔軟剤を使ってしまう人も多いことでしょう。
しかし、においの感じ方には人によってかなり違いがあり、自分が『臭いかも』と思っていても、実は他人にとっては大したことはないかもしれません。
本人が考え過ぎということがありますし、また香害のように新たな問題もあるから困ってしまうのは事実でしょう。
人種によっても違う「においの感じ方」です。
体臭はやにおいの感じ方は、人種や食生活によっても違いがあり、海外に住んだことのある日本人で「欧米の人は体臭もきついけど香水もきつい……」と話す人は多くいます。
東アジア圏の民族は体臭が比較的少ないといわれますが、欧米人の中には日本人や韓国人について「魚の匂いがする」と感じる人もいるそうです。

しばらくお風呂に入っていない、歯を磨いていない、衣服が生乾きといった『不衛生によるにおい』は常に気を配るべきでしょう。
しかし、国際化の時代に、自分にしても他人にしても、『人の体臭というのはある程度は仕方のないものだな』という考え方も必要になっているのかもしれません。
せめて努力で解決できる部分は気をつけるだけでもいいと思います。
においの感じ方や体臭にはそもそも個人差があることもあって、においの問題はデリケートでなかなか他人が指摘しにくい、という面もあります。
しかし、同僚や家族のように長時間ともに過ごす人々のことを考えると、意外に重要な問題だというジレンマがあります。
これからは、「香害」の面でも、「自分のにおい」の面でも調節が難しい事になるでしょう。
せめて不衛生による悪臭、強すぎる人工香料といった努力と気遣い次第で解決できることは気を付けていきたいですね。