体臭でお悩みの方に役立つ体臭改善情報を配信しています【薬剤師が運営】

体臭の原因

  • HOME »
  • 体臭の原因

体臭の原因

はじめに

あなたの体臭は大丈夫ですか?
周りに迷惑をかけていませんか
そんな自分は体臭で悩み苦しみました。

もしかして自分って臭っているかも?
迷惑をかけているのでは?
邪魔な存在なのでは?

自分を責めることがたくさんありました。
臭いで悩むなんて思いもしなかったというのが本音です。
しかし、実際には臭いと思い悩みました。
いっぱい対策しました。
いろんな商品を買っては試し効果なし。
ウキウキとガッカリの繰り返し。
心が壊れていくのなんてすぐでした。

でも、なかなか人には相談できないし、、、

そんな心配や不安はありませんか?
最近では消臭スプレーも豊富に販売されており、ますますニオイに敏感になっている方も多いと思います。
でも、ニオイのことってあまり知らないし、、、
そんな方のために薬剤師がわかりやすいく、なおかつ専門性を発揮しながら体臭のことについて解説していきたいと思います。
目標は、においの原因を知り、対策して、解決することです。

物理的な原因

人の皮膚自体には、とくに臭いはありません。
しかし、汗や皮脂が出ることを引き金に臭いが発生します。
皮膚から発生する体臭の原因となるものは、主に汗と皮脂と皮膚の常在細菌の3つでそれらが反応しあいます。

皮膚には汗腺という器官があります。
さらに汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。

エクリン腺は全身に分布しており、主に体温調節のために汗を出すもので、分泌される汗は約99%が水で、塩分、アミノ酸、尿酸といった成分を含んでおり、さらさらとしていて無臭です。
一方で、アポクリン腺は身体の限られた部分にあり、わきの下、へそ周りや性器周辺に多く分布しています。
アポクリン腺から出る汗は濁っていて、脂質・脂肪酸・タンパク質といった成分を含んでいることからべたつきます。
また、アポクリン腺は毛穴と出口を共有していて、この汗の成分自体に独特の臭いがあります。
この臭いはフェロモンの働きをしていたとも言われていますが、現代人にとってはいい迷惑なのかもしれません。

汗が出るきっかけとなるのは、温熱性発汗という体温調節のためや、緊張や驚きといった精神性発汗のもの、そして辛い食べ物といった味覚からくる味覚性発汗の3つがあります。
また、ワキではエクリン腺とアポクリン腺が共存しており、温熱性発汗と精神性発汗が両方起こる特殊な場所です。
エクリン腺、アポクリン腺から出る汗はともに臭いの原因になります。
汚れがつき時間と共に皮膚にもともといる菌がエサを食べて繁殖しニオイを発生します。

病気の可能性

腋臭症(えきしゅうしょう・ワキガ)

わきの下からのわき臭が強い状態のことです。
アポクリン腺からでてくる分泌物は衣服を黄色いしみで染めてしまいます。
また、その臭いはネギや納豆の臭いなど複数の表現をされ、しばしば他人に不快感を及ぼしていると考えられています。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

皮膚から出る皮脂の分泌に異常がある場合や細菌感染が原因で起こります。
主に皮脂の分泌が多い頭や顔、胸、脇の下が赤くなりますが、かゆみは強くでてきません。
頭の場合にはカサカサになり大きなフケが頭皮に大量に発生してしまい、頭の臭いが強くなることもあります。
しかしながら、これを洗い方が足りないと誤解してしまう人も多いのは事実です。
顔の場合には、油の多い赤ら顔になります。

糖尿病

糖は体のなかに入ると消化・分解されてブドウ糖になります。
ブドウ糖は血液中に入り全身をかけめぐります。
インスリンというホルモンにより血液中のブドウ糖が肝臓や筋肉、脂肪細胞といった場所の細胞で取り込まれ、エネルギー源として利用されます。
しかし、インスリンが減少すると取り込むことができなくなり、血液中の糖の量を少なくすることができなくなってしまいます。
これにより、血液中では常に多くの糖が存在することになります。
この状態が、糖尿病です。
しかしながら、体はエネルギーを欲しています。
そのエネルギー不足を補うために、肝臓では中性脂肪を分解し脂肪酸を作ります。
その脂肪酸からケトン体というエネルギー源を作り出すのです。
このケトン体は甘酸っぱく、果物が腐ったような臭いがするのです。
糖尿病によって、体の中にケトン体が多くなると、汗にもケトン体の臭いが混ざっていきます。
また、糖質制限ダイエットで、糖質を極端に制限しても、エネルギーを作り出すために同じようにケトン体を作り出すことから、ケトン体の臭いがする汗が出てきます。

肝硬変

肝臓にはオルニチン回路というものがあります。
体の中でたんぱく質を分解する流れの中で、有害な物質のアンモニアが生じてしまいます。
アンモニアは肝臓の中でオルニチンと反応して、無害な尿素に変化していきます。
しかし、肝臓の機能が低下してしまうと、オルニチン回路がうまく働かなくなり、アンモニアを分解する能力は低下してしまいます。
分解できなかったアンモニアの一部は血液中へと流れ込み、そこから汗となって、鼻にくるツンとしたアンモニア臭がしてしまいます。

パーキンソン病

パーキンソン病は、脳内の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。
またパーキンソン病になると、皮脂腺が活発になることが言われています。
しかし、残念ながら臭いの性質までは、まだ解明されていません。
ただ、患者家族からは独特の臭いがあったことが言われています。

ストレス汗臭

ストレスやそれによる睡眠不足により、汗が出やすい体質になってしまいます。
体に負荷がかかってしまっているため、長期的にストレスがたまったままでいると疲労臭と同じようなことが起こってしまい、その結果、体臭が強くなります。

疲労臭

疲労することで、体の中の臓器も働きが鈍くなることがあります。
腎臓や肝臓の働きが鈍くなることで、疲労臭が引き起ります。
肝臓ではアンモニアを分解する能力が衰えてしまいアンモニア臭を放つ可能性が考えられます。
また腎臓でも老廃物を適切に排泄することができなくなってしまう結果、体から老廃物の臭いが出てくる可能性があります。

加齢臭

中高年以降になると個人差がありますが、古びた紙のような臭いがします。
これが加齢臭です。
年を重ねると、皮脂を分泌する皮脂腺の中で、パルミトレイン酸という脂肪酸や、過酸化脂質が増えてきます。
この2つがくっつくと、「ノネナール」という加齢臭の原因となる物質が発生します。
この加齢臭は脂質異常症といった生活習慣病と深く関係しています。
脂質異常症は、余分な悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が活性酸素によって酸化されてしまい、血管内の壁に蓄積していきます。
血管内でLDLコレステロールが増えるほど、皮脂腺でも脂肪の分泌される量は多くなり、加齢臭が強くなります。
また、皮脂腺だけでなく、血液中のも脂肪分が多いことから汗腺からも加齢臭のような汗が出てきます。
そのため、加齢臭が強くなったり、汗から加齢臭が臭うようになったら、生活習慣病を疑うのも一つの手です。

ダイエット臭

ダイエットをすると流行りで効果が出るのも速い糖質制限をすることが多いと思います。
これでは糖尿病の時と同様にエネルギーが不足することにより引き起ります。
肝臓でケトン体を作り出してしまうため、その結果、体からケトン臭がします。
つまり、甘酸っぱい臭いがしだすと、それはケトン体が原因であることが考えられます。

精神的な原因

ここまで読んでみても納得できない方がいらっしゃると思います。
実際に、ニオイ対策もたくさんしているし、病院の内科や皮膚科に受診したけど異常がなかった方もいることでしょう。
それでも、体臭が気になっているという方へ向けた文章です。
実は、体臭の原因はまだあります。
結論から言うと、メンタル不調です。

『え?メンタル?体臭と何も関係ないやん、、、』

いいえ、深く関係しているのです。
その一つの例として、自臭症(じしゅうしょう)があります。
自己臭とは、周りから臭いと思われていると思い込んでしまうものです。
自己臭症(じこしゅうしょう)あるいは自己臭恐怖症(じこしゅうきょうふしょう)とも呼ばれています。
他人の何気ない行動(咳こまれる、鼻をすすられる、など)を自分の臭いから引き起こされてしまった現象であると、二つの事を関連付けてしまい日常生活を困難にしてしまう神経症の一種なのです。
過度なストレスによっては内臓に機能不全が起きて実際に臭いが発生する事もあります。
この病気になりやすい性格としては、几帳面、潔癖といったことがあります。
周囲の人に口臭や体臭、臭いのことを指摘されることで、本来であれば気にする必要もないことを自分からの臭いによるものであると勝手に思い込んでしまうために発症します。
また、完璧、完全志向といった性質を強くもつ人ほどこの症状になりやすいです。
本来、体臭、口臭は少なからず誰にでもあるものですが、自臭症の人はこれを誇大に考えてしまい、少しの臭いも許せなくなり、自分を追い込んでしまいます。
さらにメンタル不調として、この症状はうつ病を引き起こすこともあります。
つまりは、大きなグループ分けをするとこの症状は強迫性障害に入る可能性があります。
実際の臭いよりも深刻に考え悩んでしまう心理的な要素や苦悩が非常に多いことが考えられます。

お気軽にお問い合わせください

運営者: マメスギ(薬剤師)

薬剤師

【マメスギ(薬剤師)】
マメなのは性格だけではない、身長もマメなのだ。仕事はいつも患者さんのために、全力疾走!薬を届けるのではなく安心を届けたい。自分と同じ悩みで苦しむ人を助けたい。そんな思いで薬剤師をしています。

PAGETOP