体臭でお悩みの方に役立つ体臭改善情報を配信しています【薬剤師が運営】

体臭を消す対策

  • HOME »
  • 体臭を消す対策

体臭を消す対策
体臭を消すためには、さまざまな方法があります。

自分がしていた朝からの一連の流れを紹介します。
まず、出かけたときは汗を抑えることが重要であるということです。
汗が出ることで、皮膚に存在しているばい菌が汗をエサにして繁殖します。
ということは、汗が出ないようにする対策をすればいいのです。
自分は汗っかきだったので、夏の暑い日に外を歩くだけでも汗が出ました。
満員電車に乗る日々が続いていたので、汗をかくばかりでした。

自分で出来る体臭予防の対策

自分が取り組んでいた臭い対策は主に10個です。

1:毎朝、冷たい水のシャワーを浴びる

体が熱くなると体の性質から体温を下げようとして汗をかきます。
その前に、あらかじめ体を冷やしておくのです。
そうすることで、少しの動きであれば汗は出てきません。
体が冷えた状態から、熱い状態になるまでの時間を稼ぐことができます。
冷たい水なので、いきなり心臓に水を当てるようなことはしないでください。
プールでおなじみの、心臓から遠い部分から徐々になれさせて全身に浴びるようにしてください。

2:シャワーの時には必ず、皮膚の油脂・雑菌を洗い流す

体を洗う洗剤は何でもいいわけではありません。
しっかり薬用成分が含まれているもので洗うように心がけてください。
このとき、ゴシゴシ洗うことはせず、手で柔らかくなでるようにして洗うことが望ましいです。
強い摩擦で皮膚が傷つくことを防ぐためです。
夜だけに入浴するのではなく朝にも洗うことが望ましいです。
なぜなら、寝ている間にも多くの汗をかいてしまっているので、すでに危険信号が出ています。

3:デオドラント用品を使用する

体臭で悩む方は必ず実行していることでしょう。
デオドラント用品も何でもいいわけではありません。
まず、汗を抑える効果があるといわれているミョウバンを塗るのは効果的です。
ただ、自分の場合はミョウバンにより湿疹が現れたため使用を断念しました。
他にも、香料ありのデオドラント用品は使用しないでください。
なぜなら、体臭とデオドラント用品の臭いが混ざってしまい、体臭よりも余計に危険な臭いを発することになってしまいます。
ここで良いと思うのは、無香料でなおかつ銀イオンが配合されている商品です。
菌の繁殖を抑える効果のある銀を配合している医薬品があるからです。

4:汗をたっぷりかいたら、服を着替える

汗で下着が張り付いて気持ち悪い経験はないですか。
自分はありました。
特に背中に下着が張り付いて気持ち悪かったです。
汗を放置して、衣服についたまま皮膚と接触すると皮膚にいる菌はエサが豊富にあるので繁殖します。
それを防ぐために衣服の交換をすると良いです。
これは、物理的な効果も期待できますが、不快感も軽減できるという一石二鳥の方法です。
自分の場合はトイレで着替えていました。
今、トイレがきれいな場所も多くできていることや下着だと着替えても周囲にわからないということがメリットです。

5:着替えるタイミングで汗も拭きとる

着替えているのであれば、その時に臭いを発する菌のエサになる汗をきれいに拭き取っておきましょう。
デオドラント用品を使用してもいいですが、無香料を使用しましょう。
ここでは、タオルで汗を拭き取るだけでも十分効果があります。
なぜなら、出かける前にしっかりデオドラント用品で対策しているからです。
汗を拭きとった後に、あらかじめ持参しておいた下着に着替えるとすごく気持ちいいと思います。

6:帰宅するときは思いっきり汗をかくべき

学校や仕事で出かけた場所では汗はできるだけ抑えたいと思います。
しかし、それが終わればしっかりリセットしてください。
汗は体温調節もしていますが老廃物の排出もしています。
ですので、家に帰るだけであれば、その間にしっかり汗をかく事を心がけけましょう。

7:帰宅後は有酸素運動をする

朝からずっと抑えてきた汗をしっかり流してください。
おそらく、自宅の中では臭いについて悩んだり気を落とすことはないと思います。
このときにしっかり汗を流すような運動をして老廃物もしっかり出すようにしてください。
ランニングでもいいですし、持続的な筋トレでも問題ないです。
とにかく、汗を出し切ることが重要です。

8:夜のお風呂はしっかり湯船につかる

湯船につかり汚れをしっかり出し切るようにしてください。
シャワーだけで過ごしていると、体を洗っていても臭いが残っていることがあります。
夜のお風呂は、リラックスと一日の汚れをしっかり流しきることが目的です。

9:食事はバランスよく食べる

偏食することはよくないです。
特に毎日肉ばかりを食べていると体臭もきつくなります。
これは経験からもお分かりかと思いますが、ニンニク料理を食べた次の日にニンニク臭が強いという法則と同じです。
野菜もしっかり摂り腸内環境もしっかり整えるようにしてください。

10:しっかり睡眠を摂る

睡眠不足になってしまうとストレスがかかります。
また、メンタル不調にもつながりやすくなりますので、休息は大事です。
そのために、規則正しくしっかり睡眠をとるようにしましょう。

体臭予防対策まとめ

まとめるとこうなります。
・規則正しい生活をすること(食事、運動、睡眠)
・デオドラント用品は必ず無香料を使うこと
・適切な入浴をすること(汚れはしっかり落とす)

そのほかに、デオドラント用品で良いものがあります。
・汗を抑える成分であるミョウバンを使うこと
・菌の繁殖を抑える銀イオン配合のデオドラント用品を使うこと
・滅菌成分がしっかり配合されているボディソープを使うこと

以上が、今回の体臭に対する対策になります。

体臭対策グッズ選びの注意点

自分も陥りましたが対策用品をたくさん買わないでください。
デオドラント用品は世の中にたくさんあります。
中には不安をあおって商品を紹介しているものもあります。
一気にたくさんのものを買わないようにしてください。
どれが効果が出ているのかわからなくなります。
それに、皮膚への負担が大きくなるということも忘れないようにしてください。
何もしないのが本当はいいのです。
しかし、体臭が気になることで少しでも不安を和らげたいと思う気持ちはよくわかります。
使うなら最小限にとどめるということを忘れないようにしてください。
そして、大切なことは必ず無香料のものを使うということです。
デオドラント用品に限ったことではありませんが、衣服を洗う洗剤でも同じです。
柔軟剤たっぷりで香りを存分に足すなどはやめるようにしてください。
それよりも汚れをしっかり落とすことができる洗剤を使うほうが効果的です。
体臭を香りで隠すということ自体が間違いであるということをしっかり認識するようにしましょう。
買うのであれば専門家がしっかり推奨している成分が配合されている商品を使うようにしてください。
それが、商品を選ぶコツになります。
ボディソープ・シャンプー・コンディショナー・洗濯洗剤・デオドラント用品…
揃えるものはたくさんありますが、同じ分類のものをたくさん購入することだけはやめるようにしましょう。
お金がもったいないです。

薬剤師が推奨する体臭対策グッズ

自分が薬剤師として推奨するとすれば、ボディソープとシャンプーです。
滅菌成分がダブル配合されている商品があります。
その有効成分は、ばい菌の繁殖を抑えることもデータが出ていて実証済みです。
また、シャンプーはフケを抑える効果も期待できるのでフケで悩んでいる方にも良いです。
もちろん、頭皮の臭いでお悩みの方にも良いシャンプーです。
最近、シャンプーはトリプル成分配合の新商品も登場しています。
薬剤師としての立場から考えても、このボディソープとシャンプーを超える商品は今のところ見つけることができていません。
そういった、専門家が太鼓判を押す商品を探すように心がけてください。

お気軽にお問い合わせください

運営者: マメスギ(薬剤師)

薬剤師

【マメスギ(薬剤師)】
マメなのは性格だけではない、身長もマメなのだ。仕事はいつも患者さんのために、全力疾走!薬を届けるのではなく安心を届けたい。自分と同じ悩みで苦しむ人を助けたい。そんな思いで薬剤師をしています。

PAGETOP